相続税の記事一覧 - それは相続税かかる?かからない?

HOME » 相続の基本

相続税

相続税で活用すべき軽減措置

相続

相続税の支払いと聞くと、多くの方は極力支払う金額を抑えたいのではないでしょうか。
もちろん税金は支払う義務があるため、一度確定した場合は払うまで終わりません。
相続税の場合は、突然必要となることも多く、ドタバタしている中で決めていく必要があります。
しかし、そんな相続税も上手に対応すれば、軽減措置を取ることができるのです。
そこを知っているかどうかによって、やはり大きく変わってくるのではないでしょうか。
相続に関しては色々な知識を持っておくと安心なので、できる限りは勉強しておくと良いです。
ただ、知識を充足するとは言っても、一般の方だと限界があると思います。
そこで、ここでは最低限覚えておきたい軽減措置について解説していきます。
そこを覚えているかどうかによって、支払う金額も大きく変わってくるかもしれません。

まず、相続税は相続する分すべての税金を支払う必要があるのかというと、そうではありません。
相続税の場合は基礎控除として3,000万円と相続人1人当たり600万円が控除されます。
つまり、3,600万円までは、軽減措置を受けることができるということです。
そもそもこの基礎控除額を超えない限り、相続税が発生するということはありません。
近年は相続する金額についても減少傾向にあるため、一般の家庭であればそこまでこのラインを超えてくるということはないかもしれません。
ただ、実際には現金だけではなく、住宅や土地などの不動産他、色々な資産や財産があることもあるので、その点は注意が必要となってきます。
その他、日本では色々な控除が身分によって使えるものとなっていて、自分が置かれた状況によって使い分けていくこともできます。

例えば贈与税額控除だったり、配偶者控除だったり、色々な控除があります。
この控除を知っておくだけでもまた違ってくるので、ぜひ色々な控除を使い分けてみてください。
なお、控除に関しては種類も多いので、わかりづらいということもあります。
そういう場合は、専門知識がある税理士などに相談してみてください。
税理士は税金に関して多様な知識を持っているため、相談すると頼りになります。
税理士自身、豊富な知識を得るために常に勉強しているので、必ず頼りになるでしょう。
その他、相続の際には色々なトラブルや問題が発生することもあるので、そこは色々と相談してみてはいかがでしょうか。
相続に関して不安があるのなら、専門家に相談しましょう。

それは相続税かかる?かからない?

会社設立01

遺産相続をするときに必ず意識しおかなければいけないのが相続税がかかるかどうかで、これはすべての相続人が対象になるわけではありませんが一定の条件を満たしているとかかってくるものなので、どういう状況になった場合に相続税がかかるのかきちんと把握しておかなければなりません。
相続税の申告期限は被相続人が亡くなってから10カ月以内と定められており、それまでのところで相続税がかかるかどうか計算し、税務署へ申告する必要がありますから、できるだけ早めに手続きをしておくことをおすすめします。

最近ではフリーの相続税計算ソフトもありますし、エクセルを使ってまとめられるのでどんな財産を相続してどれくらいの相続税がかかるのか分かりやすくできますので、そういった便利なツールを使いながらやっていくといいでしょう。
それでは相続税がかかる場合というのはどういうケースか説明していきたいと思いますので、これから遺産相続をする可能性があるという人は参考にしてください。

はじめに相続税には控除があって、基礎控除と配偶者控除の2種類が用意されており、どちらか適用させることができます。
基礎控除あるいは配偶者控除の範囲内であれば相続税はかかりませんので、納める必要はありませんが、その計算方法はきちんと理解しておかなければなりません。

まず基礎控除の計算方法ですが、これは3,000万円+(600万円×相続人の数)で計算することができます。
たとえば相続人が3人いる場合は3,000万円+(600万円×3)の計算式で求めることができますので、基礎控除額は4,800万円になりますから、相続財産の総額がこの金額を上回らなければ相続税はかかりません。

また、配偶者控除は基礎控除の範囲内か1億6,000万円をこえない範囲であれば相続税がかからないこととなっているので、基礎控除よりも優遇されています。
配偶者控除はその名の通り配偶者のみに適用される控除で、この控除を適用させる場合はたとえ控除の範囲内であっても税務署へ申告する必要がありますので覚えておきましょう。

相続税がかかるかどうかは基礎控除や配偶者控除によって決まると言ってもいいので、相続人の数がどれくらいになるのかが最初のポイントになり、その後計算して出た基礎控除額によって対象になるかを確かめてください。
心配であれば相続に詳しい税理士に依頼して手続きや書類作成をしてもらうといいでしょう。

相続税の按分割合と端数の計算

相続

相続税を計算する時、考えなくてはならないのが按分割合です。
これは簡単に言うと、相続税の負担の不公平を是正するために使われる割合だと考えておきましょう。
按分割合と聞くと難しいように思いますが、例えば被相続人が遺した財産や資産が1,000万円分あったとすると、配偶者と子供で分配するさいに計算する時、活用するものとなります。
この場合は1,000万円があるため、法定相続人で分配することが必要です。
しかし、その際に不公平にならないよう、按分割合というのが計算されるわけです。
特に難しいことはありませんが、その場合には端数が出ることもあります。
実際に遺産に関しては、端数になることも多々あるので、その場合は小数点10桁まで計算していくことが可能です。
ただ、この場合はわかりにくいので、比較的簡単に計算して求めるということが多いと言えるでしょう。

また、家族や遺族で計算する場合は、そこまで細かく計算しなくても良いと思っている方が多いでしょう。
そうなると、実際には端数の計算はある程度の範疇でおこなうことが一般的となります。
ただ、この按分割合に関しては不公平感が出てしまうと後々トラブルや問題に発展することもあります。
それを避けることが必要となってくるので、その点はしっかりと考えて対処していくことが必要となるでしょう。
ちなみに、不公平感に関してはそれぞれの考え方によっても変わってきます。
また、遺産も土地や建物などの不動産の場合がありますし、貯金や預金などの現金の場合もあります。
それぞれの状況によって違ってくるので、しっかりと対処していくことが必要となるでしょう。
まずは、その点の計算についてもある程度理解を深めておくことが重要です。

ただ、いきなり按分割合による遺産の計算をするとは言っても、わからないという方が多いのではないでしょうか。
その場合は、専門家に相談した方が良いかもしれません。
色々な専門家がいますが、相続税などの相談の場合は税理士に相談した方が良いです。
ただ、税理士の場合もピンキリなので、評価や評判が良い人を活用するようにしてください。
税理士にもそれぞれやり方というものがあるので、そこら辺も理解して依頼することが必要となります。
逆に言えば、しっかりと計算したいならちゃんとした税理士などに相談して対処してもらうことが必要となるということです。
それらの点もしっかりと考えて、まずは相続税の計算をしてみてください。

相続税対策がしたい


https://www.showmefreedom.org/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/blog102/
相続が起こって財産が相続人へと引き継がれると、その金額によってはどうしても相続税がかかります。
これをなるべく減らしたい方も多いでしょう。
相続税がかかる財産と、かからない財産とがあるなら、現金などを相続税のかからない財産などに換えておくのが、基本的な相続税対策になりそうですよね。

これは間違いではなく、ある程度は相続税対策になります。
しかしこの方法で過度な相続税対策はできないことが多いです。
これは注意点として知っておきたいですね。

たとえば相続税がかからない財産として、墓石や仏壇があります。
これらは日常的な祈りのために使用するもので、故人が所持していたこれら物品は、相続税がかかりません。
つまり現金をこれら物品に換えておけば、相続税対策になるのです。

しかしこれはあくまで本当に日常的な祈りのために使用するものだけが非課税となり、それ以外の目的で所持していたと思われる場合、普通に相続税の対象になります。
たとえば相続税対策のため、余っていた現金で大量の仏壇を購入しても、1つ分は非課税の物品として扱われますが、残りのものは過度な節税対策、もしくは投資目的の所持とみなされ、通常通りに相続税が課税されることも多いのです。
相続税の課税対象外の物品を多く買うといった方法では、相続税対策にならないことが多いため、注意してください。

ではどうやれば相続税対策ができるのでしょうか?
たとえば、葬儀代は相続税対策として比較的使える方法です。
葬儀にかかった費用は、相続税の課税対象額から控除できます。

そして葬儀には、ある程度まとまった金額がかかります。
豪華な葬儀を行うと、500万円以上の費用がかかることもあるでしょう。
故人の希望や、生前のお付き合いなどから考えて、比較的高額な葬儀をやっても不自然でなければ、相続税対策も兼ねて豪華な葬儀を行うのもおすすめです。

ただし、故人の葬儀関係でかかった費用のすべてが相続税の対象外になるわけではありません。
たとえば香典返しにかかった費用など、葬儀代には含められないのです。
すべてをまとめて葬儀代に含めないよう、内訳についてはよく確認してください。

このほか、相続税対策がしたいときは、生前贈与を活用して遺産を減らしたり、現金や預金を賃貸物件に換えておいたりといった方法が有効です。
これらは基本的な相続税対策となります。
相続税の対象外の物品を多く購入するといった方法よりも、ずっと確実です。
このような方法を活用すれば相続税対策ができますから、適度に活用してください。

相続税とは

相続が起きたとき、相続税の有無は自分で調べないといけません。
これがかかると遺産の一部を税金として納める必要があるため、相続人にとっては負担となります。
このような仕組みになっているのですが、相続税とはそもそも何なのでしょうか?

相続税とは、日本で課税されている税金の一つになります。
これら税金は特定のタイミングで課税されます。
たとえば所得税は、なにか収入があったときに課税される税金です。
相続税もこのような種類の税金の一つになり、その課税されるタイミングは、相続が起きて遺産を引き継いだときになります。

遺産を相続できるのは、故人の配偶者や子供、親兄弟など、故人との近しい関係から法定相続人に確定する方たちです。
そのため、相続税の対象者は多くのケースで法定相続人となります。
このほか、遺産は法定相続人でなくても相続できるケースがあります。
その場合でも、遺産を引き継いだ方は同じく相続税の対象者です。

法定相続人でない方が遺産を引き継ぐケースとは、法定相続人ではないその特定の対象者にも遺産分けをする意思を、故人が遺言で示したケースです。
たとえば故人が晩年に世話になった家政婦など、法定相続人ではないものの、遺言を残してお礼にいくらかの財産を渡すケースは比較的あります。
このようなケースは実際には相続と呼ばず、遺贈と呼ぶのですが、その相続で相続税がかかる場合は、遺贈を受ける方も相続税の対象者となるのです。

のように相続税とは、相続が起きて遺産分けが行われたとき、その遺産分けを受ける方が対象になる税金です。
どのように納税が行われるかというと、これは確定申告のように、納税対象者が自分で計算を行い、管轄の税務署まで申告を行う税金になります。
確定申告のように全対象者が同時期に申告を行うわけではないため、特設会場などはありません。

相続税の申告受付は各税務署でいつでも行われていますから、相続税の納税が必要な方は、期限までに申告書を作成の上、管轄の税務署まで提出するのです。
相続税とはこのように自主的に対応する必要があるため、相続が起きたときはこの税金のことを忘れないように注意してください。

まずやるべきことは、相続税がかかるのか、かからないのかを調べることです。
遺産分けを受けた方は相続税がかかる可能性があるものの、その遺産の総額によっては、相続税がかからない場合もあります。
相続税の課税対象になる財産をカウントしていき、総額いくらの遺産があるのかを調べてください。

その金額が基礎控除を下回った場合、相続税はかかりません。
もし基礎控除を上回ったら、このときは相続税がかかりますから、忘れずに申告をしてください。
相続税とはこのような税金になります。

相続税率とは

相続が起きたら、相続税がかかるか、それともかからないのか、それを調べます。
このときに相続税がかからないとわかったら、それ以降に相続税について対応する必要はありません。
しかし相続税がかかるとわかったら、実際にその金額を計算していきます。
このときには相続税率も調べないといけません。
これが何%なのかに応じて、税額も大きく変わります。

相続税は比較的税額が重くなる税金だとも言われますが、その相続税率はどれくらいになるのでしょうか?
これは10~55%の間で決まります。
最高税率が適用されると、相続した遺産の課税対象額のうち、半分以上の納税が必要になるわけです。
この点から、相続税は重い税金だと言われることもあるのです。

しかしどんな方でも、このような高額な税率が適用されるわけではありません。
最低税率の場合は、税率は10%です。
これくらいの税率なら所得税でもよく経験しますから、それほど重い負担とは感じられないでしょう。
このように相続税率はどんなときも何%と決まっているのではなく、所定の税率の範囲内で決まる仕組みです。

では相続税率はどのようにして決まるのでしょうか?
これは各相続人に割り当てられる、法定相続分相当の金額によって決まります。
これが1000万円以下なら、税率が10%です。
1000万円を超え、3000万円以下なら、15%になります。
これがさらに3000万円を超え、5000万円以下になると、20%になるのです。
5000万円を超え、1億円以下になると、税率は30%になります。

このような法定相続分相当の金額により、相続税率が決まるのです。
このほか、財産の区分はあと4つあり、その区分に応じて40%、45%、50%、55%という税率があります。
このような高い税率が適用されるのは、法定相続分相当の金額が1億円以上になる場合です。
金額が高額なため、あまりないケースですが、自分の法定相続分がそれくらいの金額になるときは、国税庁のHPなどで各区分と税率を調べてみてください。

なお、相続税率が法定相続分相当の金額によって決まるのは、相続税の計算方法を見るとよくわかります。
この税金はまず遺産の総額から基礎控除を引き、課税対象になる遺産の金額を計算します。
そしてその課税対象となる遺産を、法定相続分に応じて法定相続人同士で分割した場合、それぞれがいくら取得するのかを計算するのです。

このときにそれぞれの法定相続人に割り当てられる金額に応じて、各自で相続税率を適用し、具体的な税額を計算します。
そして最後に、各相続人の税額を足し算すると、その相続でかかる相続税の総額を計算できるのです。
このような計算になるため、各法定相続人に割り当てられる法定相続分に応じて、相続税率は決まる仕組みです。

相続税対策

遺産相続をするときに気になるのが相続税についてで、相続税と言えばこれまで財産をたくさん持っている富裕層が納める税金というイメージがありましたが税制が改正された結果、より私たちの生活に近いものになりました。
と言うのも相続税の基礎控除額が平成27年1月1日より大幅に引き下げられたからで、平成26年12月31日までは5,000万円+(相続人の人数×1,000万円)という計算式で計算できてしましたが、現在は3,000万円+(相続人の人数×600万円)になっているからです。
≫ 『相続税対策』

相続税と控除

遺産相続をするにあたって必ず考えておかなければならないのが相続税に関することで、相続税はすべての相続人に発生するとは限りませんが、対象になった場合には相続税申告を税務署へしなければなりません。
遺産相続は誰もが一度は経験する可能性があるにも関わらず、意外と知られていないことも多いですが、相続税申告に関しては知らなかったでは済まされないケースもあるので注意する必要があります。
≫ 『相続税と控除』

相続税と弁護士費用


相続税を計算するとき、故人が残した財産が合計いくらあるのかを集計しますが、このときには非課税となる財産や費用もあります。
そのような財産や費用は、遺産の集計から除外します。
その費用に弁護士費用は含まれるのか、ご紹介しましょう。
≫ 『相続税と弁護士費用』