相続税で活用すべき軽減措置 - それは相続税かかる?かからない?

HOME » 相続の基本 » 相続税で活用すべき軽減措置

相続税で活用すべき軽減措置

相続

相続税の支払いと聞くと、多くの方は極力支払う金額を抑えたいのではないでしょうか。
もちろん税金は支払う義務があるため、一度確定した場合は払うまで終わりません。
相続税の場合は、突然必要となることも多く、ドタバタしている中で決めていく必要があります。
しかし、そんな相続税も上手に対応すれば、軽減措置を取ることができるのです。
そこを知っているかどうかによって、やはり大きく変わってくるのではないでしょうか。
相続に関しては色々な知識を持っておくと安心なので、できる限りは勉強しておくと良いです。
ただ、知識を充足するとは言っても、一般の方だと限界があると思います。
そこで、ここでは最低限覚えておきたい軽減措置について解説していきます。
そこを覚えているかどうかによって、支払う金額も大きく変わってくるかもしれません。

まず、相続税は相続する分すべての税金を支払う必要があるのかというと、そうではありません。
相続税の場合は基礎控除として3,000万円と相続人1人当たり600万円が控除されます。
つまり、3,600万円までは、軽減措置を受けることができるということです。
そもそもこの基礎控除額を超えない限り、相続税が発生するということはありません。
近年は相続する金額についても減少傾向にあるため、一般の家庭であればそこまでこのラインを超えてくるということはないかもしれません。
ただ、実際には現金だけではなく、住宅や土地などの不動産他、色々な資産や財産があることもあるので、その点は注意が必要となってきます。
その他、日本では色々な控除が身分によって使えるものとなっていて、自分が置かれた状況によって使い分けていくこともできます。

例えば贈与税額控除だったり、配偶者控除だったり、色々な控除があります。
この控除を知っておくだけでもまた違ってくるので、ぜひ色々な控除を使い分けてみてください。
なお、控除に関しては種類も多いので、わかりづらいということもあります。
そういう場合は、専門知識がある税理士などに相談してみてください。
税理士は税金に関して多様な知識を持っているため、相談すると頼りになります。
税理士自身、豊富な知識を得るために常に勉強しているので、必ず頼りになるでしょう。
その他、相続の際には色々なトラブルや問題が発生することもあるので、そこは色々と相談してみてはいかがでしょうか。
相続に関して不安があるのなら、専門家に相談しましょう。