相続税率とは - それは相続税かかる?かからない?

HOME » 相続税 » 相続税率とは

相続税率とは

相続が起きたら、相続税がかかるか、それともかからないのか、それを調べます。
このときに相続税がかからないとわかったら、それ以降に相続税について対応する必要はありません。
しかし相続税がかかるとわかったら、実際にその金額を計算していきます。
このときには相続税率も調べないといけません。
これが何%なのかに応じて、税額も大きく変わります。

相続税は比較的税額が重くなる税金だとも言われますが、その相続税率はどれくらいになるのでしょうか?
これは10~55%の間で決まります。
最高税率が適用されると、相続した遺産の課税対象額のうち、半分以上の納税が必要になるわけです。
この点から、相続税は重い税金だと言われることもあるのです。

しかしどんな方でも、このような高額な税率が適用されるわけではありません。
最低税率の場合は、税率は10%です。
これくらいの税率なら所得税でもよく経験しますから、それほど重い負担とは感じられないでしょう。
このように相続税率はどんなときも何%と決まっているのではなく、所定の税率の範囲内で決まる仕組みです。

では相続税率はどのようにして決まるのでしょうか?
これは各相続人に割り当てられる、法定相続分相当の金額によって決まります。
これが1000万円以下なら、税率が10%です。
1000万円を超え、3000万円以下なら、15%になります。
これがさらに3000万円を超え、5000万円以下になると、20%になるのです。
5000万円を超え、1億円以下になると、税率は30%になります。

このような法定相続分相当の金額により、相続税率が決まるのです。
このほか、財産の区分はあと4つあり、その区分に応じて40%、45%、50%、55%という税率があります。
このような高い税率が適用されるのは、法定相続分相当の金額が1億円以上になる場合です。
金額が高額なため、あまりないケースですが、自分の法定相続分がそれくらいの金額になるときは、国税庁のHPなどで各区分と税率を調べてみてください。

なお、相続税率が法定相続分相当の金額によって決まるのは、相続税の計算方法を見るとよくわかります。
この税金はまず遺産の総額から基礎控除を引き、課税対象になる遺産の金額を計算します。
そしてその課税対象となる遺産を、法定相続分に応じて法定相続人同士で分割した場合、それぞれがいくら取得するのかを計算するのです。

このときにそれぞれの法定相続人に割り当てられる金額に応じて、各自で相続税率を適用し、具体的な税額を計算します。
そして最後に、各相続人の税額を足し算すると、その相続でかかる相続税の総額を計算できるのです。
このような計算になるため、各法定相続人に割り当てられる法定相続分に応じて、相続税率は決まる仕組みです。