相続税の記事一覧 - それは相続税かかる?かからない?

HOME » 相続税

相続税

相続税がかかる人の割合

遺産相続と言えばたくさんの財産をもらえるイメージがありますが、たくさんの財産を引き継ぐとなると相続税がかかる可能性も考えなければなりません。
相続税とは文字通り遺産相続の際にかかってくる税金で、被相続人が亡くなってから10カ月以内に納付することになっています。
これだけ聞くと遺産相続するなら必ず相続税を納めなければならないと思うかもしれませんが、実はそうではありません。
≫ 『相続税がかかる人の割合』

相続税のかかる人

相続税は遺産相続をするなら必ず知っておかなければならないことであり、納付を忘れてしまったり間違った形で納付してしまうとペナルティを課せられることがありますのできちんと頭に入れておきましょう。
今回は相続税のかかる人とはどんな人なのかを解説していきたいと思います。

≫ 『相続税のかかる人』

相続税がかかる場合

遺産相続をするときに必ず考えておかなければならないのが相続税がかかる場合とはどんなときかという点です。
相続税は相続人となる人が被相続人から相続や遺贈によって財産を引き継ぐときに発生しうるもので、引き継いだ財産の総額がどのくらいになるかによって決まります。
そこで今回は相続税がかかる場合とそうでない場合の違いを解説していきますので、今後遺産相続をする可能性がある方は参考にしてください。

≫ 『相続税がかかる場合』

相続税がかかる割合とは

亡くなった身内の財産を相続したとき、その財産の金額に応じて税金がかかります。
それが相続税ですが、実際にはすべての方に課税があるわけではありません。
課税対象となるものと、ならないものとがあるからです。
ならないものは世間的なイメージよりは多いため、相続税がまったくかからないケースも多いです。
それは相続税がかかる割合を見てもわかります。

≫ 『相続税がかかる割合とは』