相続税の記事一覧 - それは相続税かかる?かからない?

HOME » 相続税

相続税

相続税対策

遺産相続をするときに気になるのが相続税についてで、相続税と言えばこれまで財産をたくさん持っている富裕層が納める税金というイメージがありましたが税制が改正された結果、より私たちの生活に近いものになりました。
と言うのも相続税の基礎控除額が平成27年1月1日より大幅に引き下げられたからで、平成26年12月31日までは5,000万円+(相続人の人数×1,000万円)という計算式で計算できてしましたが、現在は3,000万円+(相続人の人数×600万円)になっているからです。
≫ 『相続税対策』

相続税と控除

遺産相続をするにあたって必ず考えておかなければならないのが相続税に関することで、相続税はすべての相続人に発生するとは限りませんが、対象になった場合には相続税申告を税務署へしなければなりません。
遺産相続は誰もが一度は経験する可能性があるにも関わらず、意外と知られていないことも多いですが、相続税申告に関しては知らなかったでは済まされないケースもあるので注意する必要があります。
≫ 『相続税と控除』

相続税と弁護士費用


相続税を計算するとき、故人が残した財産が合計いくらあるのかを集計しますが、このときには非課税となる財産や費用もあります。
そのような財産や費用は、遺産の集計から除外します。
その費用に弁護士費用は含まれるのか、ご紹介しましょう。
≫ 『相続税と弁護士費用』

相続税と分割協議

誰が何をどれだけ相続するか、それを決めるのが分割協議です。
そしてここで自分の取り分となった遺産の種類や量により、実際に支払う相続税の金額も変わります。
そうなると、分割協議前には税金の対象となる財産と、対象外となる財産とを知っておきたいでしょう。
≫ 『相続税と分割協議』

土地の相続税


一般市民で土地を所有することは十分に可能ですから、相続が起きたとき、相続財産に土地が入ることはあります。
この土地にも相続税はかかることがあります。
土地が相続財産に入っているときは、それも財産の一種として評価を行うのです。
土地は現金のように価値がいくらとすぐにわかりませんが、現金価格に直していくらと評価し、その値段の財産を相続したという扱いにします。
≫ 『土地の相続税』

相続税の変更

遺産相続したときに必ず意識しておかなければならないのが相続税で、これはすべての相続人が対象になるわけではありません。
しかし覚えておかなければ自分が相続税の対象だった場合に間違った認識で納税手続きをしてしまったり、納税自体をしないままになる可能性があります。

もし相続税対象になっているにも関わらず納税ができていなければペナルティの対象になってしまい、相続税とは別に延滞税を納めなければなりませんので税金の負担がより大きくなってしまいます。
そういったことがないようにするためにも相続税とはどのようなシステムになっているのかしっかり覚えておきましょう。

≫ 『相続税の変更』

不動産の相続税

遺産相続の際にはたくさんの種類の財産が対象になりますが、中でも不動産は相続することの多い財産として知られています。
不動産は価値が高くなるものも多く、相続することによって大きなプラスになる可能性が高いのですが、現金のように分かりやすく分割できるものではありませんしまずはしっかりと評価額を明確にしておかなければなりません。
そして当然ながら不動産も相続税の対象となる財産ですから、相続するときにについて考えておきましょう。
≫ 『不動産の相続税』

生命保険は相続税がかかる?

家族が亡くなったときに遺産相続について話し合いをすると思いますが、同時に生命保険がかけられている場合はそちらについても話し合いをしなければなりません。
一般的に遺産相続の対象となる財産は土地や建物などの不動産やそれに関する権利、株式や預貯金、有価証券などがあげられ、これらは相続税の対象となる財産です。
≫ 『生命保険は相続税がかかる?』

相続税がかかる人の割合

遺産相続と言えばたくさんの財産をもらえるイメージがありますが、たくさんの財産を引き継ぐとなると相続税がかかる可能性も考えなければなりません。
相続税とは文字通り遺産相続の際にかかってくる税金で、被相続人が亡くなってから10カ月以内に納付することになっています。
これだけ聞くと遺産相続するなら必ず相続税を納めなければならないと思うかもしれませんが、実はそうではありません。
≫ 『相続税がかかる人の割合』

相続税のかかる人

相続税は遺産相続をするなら必ず知っておかなければならないことであり、納付を忘れてしまったり間違った形で納付してしまうとペナルティを課せられることがありますのできちんと頭に入れておきましょう。
今回は相続税のかかる人とはどんな人なのかを解説していきたいと思います。

≫ 『相続税のかかる人』