相続の基本の記事一覧- Page 2 of 2 - それは相続税かかる?かからない?

HOME » 相続の基本

相続の基本

相続税がかかる財産の範囲は?

日本の国内に居住している相続人は、どこに相続財産があるかに関係なく、そのすべての財産が相続税の課税対象になります。
また日本国内に住所がない相続人については、相続した財産の中で日本国内にある財産のみが相続税の課税対象になるのです。
ただし相続税には基礎控除という制度があって、相続財産の総額が基礎控除額以下の場合には、相続税の申告書をする必要もありませんし相続税を納税する義務もないのです。
つまり相続税がかかる財産の範囲は、基礎控除額を超える部分ということになります。
ちなみに相続税の基礎控除額は、5,000万円+1,000万円×法定相続人の数といった算式で計算することになります。
≫ 『相続税がかかる財産の範囲は?』