相続税対策 - それは相続税かかる?かからない?

HOME » 相続の基本 » 相続税対策

相続税対策

たくさんの財産を持っている人にとって、自身が亡くなり被相続人となったときに残された家族へ遺産相続させることになりますが、その際に相続税の負担がかかってしまう可能性があります。
ですから、被相続人となる人の中にはできるだけ相続税の負担をかけさせたくないと思い、生前からできる相続税対策をしている人も少なくありません。

相続税対策にはいくつかの方法がありますので、ここではよく利用される相続税対策を紹介していきたいと思います。
まずもっとも簡単な相続税対策と言えるのが生前贈与を利用したやり方で、生前贈与とは文字通り被相続人が生きているうちに相続人となる人へ財産を譲る行為を指しています。

なぜ生前贈与が相続税対策になるのかと言うと、生前贈与には基礎控除があって年間で110万円以内であれば非課税になるからです。
したがって毎年110万円以内の贈与であれば税金がかからないことになりますから、それを繰り替えすことによって相続税の負担をなくすことができるのです。

ただし同じ金額を毎年繰り返し贈与していると連年贈与といってあらかじめあった財産を分割して贈与していると判断されてしまいますので、逐一契約書を作成したり金額を変更しながら贈与していき分割で贈与しているわけではないことをアピールしなければなりません。
次に生前贈与と同じくらいよく利用されるのが生命保険による相続税対策で、こちらも非課税枠がありますから、それを利用します。

生命保険の非課税枠は「500万円×法定相続人の人数」となっていますので、たとえば法定相続人の数が5人いるならば2,500万円までは非課税になります。
ひとつ注意してほしいのが元本割れを防ぐためにも必ず「一時払い終身保険」という制度を用いている生命保険に加入することです。

これなら保険料を納めた段階で終身保険が適用されますので、元本割れをしてしまうこともなく安心です。
ただし生命保険の場合、年齢によっては加入が難しくなる場合もありますから、もし将来的に相続を考えているなら年齢が若いときに加入しておいたほうが安心でしょう。

この生命保険と生前贈与をうまく組み合わせることによってかなりの相続税対策になると思いますし、ほかにも相続時精算課税制度で収益不動産を贈与や教育資金贈与で1,500万円まで非課税になる制度を利用するという手段もあります。
相続税対策については税理士が詳しいので一度アドバイスしてもらうといいかもしれません。