相続税とは - それは相続税かかる?かからない?

HOME » 相続の基本 » 相続税とは

相続税とは

遺産相続をすると相続税の対象になる相続人が出てくる可能性がありますが、そもそも相続税とはどんな税金でどんなシステムになっているのでしょうか?
ここでは相続税とは何か説明していきますので、これから遺産相続をする可能性がある人は参考にしてください。

はじめに相続税とは文字通り遺産相続したときの財産にかかる税金のことですが、遺産相続の対象となる財産を相続した人すべてが対象になるわけではありません。
相続税の対象になる部分は相続したプラスの財産からマイナスの財産を引き、その金額からさらに基礎控除額あるいは配偶者控除額を引いた金額が対象になります。

したがってプラスの財産よりもマイナスの財産が多い場合は相続税の対象にはなりませんし、基礎控除額内・配偶者控除額内であればこちらも対象にはなりません。
基礎控除額は3,000万円+(法定相続人の数×600万円)の計算式で出すことができますので、たとえば法定相続人が3人いる場合は3,000万円+(3×600万円)なので基礎控除額は4,800万円になります。

配偶者控除額は基礎控除額内あるいは1億6,000万円を超えない金額のどちらかになっており、通常の法定相続人よりも優遇されています。
基礎控除はすべての相続人が対象になりますが、配偶者控除は配偶者のみになります。

ひとつ注意してほしいのが現在の基礎控除額の計算式は平成27年から税制の改正によって改められたもので、平成26年の12月31日までは5,000万円+(法定相続人の数×1,000万円)の計算式になっていました。
さらに相続税率も平成27年1月1日以降は1,000万円以下は税率10%、3,000万円以下は税率15%で控除額が50万円、5,000万円以下は税率20%で控除額が200万円、1億円以下は税率30%で控除額が700万円、2億円以下は税率40%で控除額が1,700万円、3億円以下は税率45%で控除額が2,700万円、6億円以下は税率50%で控除額が4,200万円、6億円超は税率55%で控除額が7,200万円に変更されました。

このように平成27年1月1日以降は新しいシステムに変更されていますから、間違えないように注意してください。
インターネット上には古い記事も残っていますし、専門書籍を購入するときも以前の税制のシステムが記載されているものではなく、現在の税制のシステムが記載されているものを購入してください。