相続税がかかる財産とかからない財産 - それは相続税かかる?かからない?

HOME » 相続の基本 » 相続税がかかる財産とかからない財産

相続税がかかる財産とかからない財産

遺産相続するときに相続税について考えなければなりませんが、相続税は遺産相続すると必ずかかるものではありません。
相続税がかかるかどうかはまず相続税の対象となる遺産を相続しているかをチェックする必要があります。

遺産と聞くと利益になる財産ばかりをイメージしがちですが、遺産はプラスの財産だけでなくマイナスの財産もあります。
相続ずる財産の総額がいくらになるかはプラスの財産からマイナスの財産を引いた数字で、そこから基礎控除額あるいは配偶者控除額を引いた金額が相続税の対象になります。

まず遺産相続の対象となるプラスの財産は預貯金、貸付金、売掛金などの現金や自分の家・マンション・アパート・農地・山林・借地権・借家権・抵当権・地上権などの不動産やその権利関連・自動車・バイク・電化製品・家具・骨董品・美術品・貴金属などの動産や株券・国債・社債・小切手・手形などの有価証券、電話加入権があります。
ほかにも被相続人が保険者で受取人になっている生命保険や著作権、特許権、商標権、意匠権、著作権、ゴルフ会員権なども相続の対象になります。

次にマイナスの財産ですが、これは借金、買掛金、住宅ローン、小切手といった負債にあたるもの、未払いの所得税と住民税、その他未払いの税金といった税金関連、ほかにも未払い分の家賃・地代、未払い分の医療費などがあります。
これらが遺産相続に関係する財産になりますので、まずはこういった財産がどれだけ残されているのかを財産調査で調べてください。

また、相続財産にならないものもありますのでそちらも覚えておかなければなりません。
たとえば生命保険の保険金は相続財産にならないケースもあって、保険金の支払いを被相続人自身が行っていた場合は相続財産となりますが、支払いをほかの人がやっていた場合は被相続人の財産にはなりませんので相続財産の対象にはなりません。

さらに葬儀費用として認められているものも対象にはならず、これは死体の捜索や運搬にかかった費用、遺体や遺骨の回送にかかった費用(病院から自宅までの交通費など)、お寺などに対して支払う読経料、火葬や埋葬・納骨などにかかった費用、お通夜など葬式の前後に生じた出費が該当します。
このように遺産相続をするときにはプラスの財産とマイナスの財産があること、そして対象になる財産とそうでない財産があることを理解しておかなければ正確な金額を出せませんので注意してください。