相続税はいくら払う? - それは相続税かかる?かからない?

HOME » 相続の基本 » 相続税はいくら払う?

相続税はいくら払う?

遺産相続をするなら必ず覚えておかなければならないのが相続税についてで、相続税はその名の通り財産を相続するときに発生する税金です。
しかしすべての相続人が相続税を納めるわけではなく、対象となる場合とそうでない場合があります。

それでは自分が相続税をいくら払うことになるのか知るためにはどのようにすればいいのでしょうか?_
まずはじめに相続税の対象となるかどうかを確認しなければなりませんが、相続税には基礎控除額と配偶者控除額というものがあります。

したがって相続人の相続する財産の総額から基礎控除額あるいは配偶者控除額を引いた金額が対象となる部分で、基礎控除額か配偶者控除額の上限を超えなければ非課税となります。
基礎控除額の計算は3,000万円+(600万円×法定相続人の数)の計算式で出すことができますから、たとえば被相続人に3人の相続人がいるなら3,000万円+(600万円×3と)となりますので基礎控除額は4,800万円になります。

仮に相続財産の総額が8,000万円だった場合、基礎控除額の4,800万円を引いた3,200万円が相続税の対象になります。
また、配偶者控除はその名の通り配偶者のみに適用されるもので、1億6,000円以内あるいは基礎控除額内のどちらかが適用されれば非課税になるものです。

先ほどのように相続財産の総額が8,000万円となる場合は基礎控除額は超えてしまうものの、配偶者控除額の範囲内なので配偶者であれば非課税になるのです。
また、財産を相続できる割合は被相続人との関係によって異なり、優先順位がもっとも高いのが配偶者、次に子供、父母祖父母、兄弟姉妹の順番になっていて、割合も優先順位が高い順に多くなっています。

そして相続税の税率は課税価格によって変わりますから、控除額もそれに応じて変わります。
課税価格と税率、控除額は以下のようになります。

1,000万円以下の場合は10%
3,000万円以下15%の場合は50万円

5,000万円以下20%の場合は200万円
1億円以下30%の場合は700万円

2億円以下40%の場合は1,700万円
3億円以下45%の場合は2,700万円

6億円以下50%の場合は4,200万円
6億円超55%の場合は7,200万円

以上の数字になりますから、これを参考にして相続税の金額を出してみてください。
相続税をいくら払うのか正確なところは税理士に相談して数字を出すことをおすすめします。