相続税の金額 - それは相続税かかる?かからない?

HOME » 相続の基本 » 相続税の金額

相続税の金額

遺産相続することになった場合、最初に考えなければならないのが誰にどの財産を分配するかという点で、これは遺言書や遺産分割協議によって決めます。
そしてこれが終わったら相続税について考えなければならず、ここで苦労する人が多いと言われています。

まず相続税とは、相続した財産に対してかかる税金のことで、遺産相続した人全員が対象になりますが税金のかかる金額はあらかじめ決められた税率がありますのでそれに当てはめて計算します。
さらに基礎控除と呼ばれるものがあって、これは3,000万円+(600万円×法定相続人の数)で出すことができます。
たとえば法定相続人が3人いる場合、基礎控除額は3,000万円+(600万円×3人)になるので、合計で4,800万円になります。
したがって4,800万円以内の相続であれば相続税はかかりませんので、相続税は必ずかかるわけではありません。

ほかにも配偶者控除と言って配偶者は1億6,000万円までか法定相続分のどちらか高い方が控除額となりますので、たとえば配偶者と子供2人で5億円の遺産相続をする場合、配偶者は2億5,000万円までは控除されます。
さらに債務控除といって、債務がある場合はそれを引いてから相続税の計算をすることもできますから、計算をする前に必ず自分が受けられる控除について調べておいてください。

流れとしては相続する財産の総額が分かったらその金額に設定されている税率を当てはめ、その後控除が受けられる分を引いていき、そこで出た金額に対して相続税が発生するかを判断します。
このように相続税は必ずかかるものではないだけでなく、人によってかかる金額が異なりますので、遺産の金額が大きかったり種類が多かったりする場合は自分たちで決めるよりも専門家に介入してもらったほうが公平な遺産分割ができるでしょう。

遺産分割の専門家は弁護士ですが、相続税に関することは税理士のほうが専門なのでおすすめですし、不動産の評価などについてもよく知っているのでトータル的なサポートを受けられます。
特に遺産の数が多いとそれらを整理しなければなりませんので、財産目録を作成してから遺産分割協議へ進むケースもあると思いますので、そんなときにも税理士の力は頼りになります。
遺産相続をスムーズに進めるためにも相続税のシステムをよく理解することが大切ですし、期限切れや納付漏れなどのミスを避ける意味でも計画的にやっていきましょう。