相続税の相談はどの専門家にすると良いのか? - それは相続税かかる?かからない?

HOME » 相続の基本 » 相続税の相談はどの専門家にすると良いのか?

相続税の相談はどの専門家にすると良いのか?

相続するような財産なんて全然ないので相続税がかかるはずがないと考えている方も多いでしょうが、それには明確な根拠があるわけではないです。
知らない土地を所有しているかも知れませんし、別の口座に預貯金があるかも知れないもので、相続税がかからないだろうという考えは危険なことです。
相続税がかかるのに申告しなかった時には、取り返しのつかないことになる可能性も考えられるので、専門家に一度相談してみることを必要です。

ただ、相続に関係する専門家も税理士・弁護士・司法書士・行政書士と様々な種類があるので、相続税について誰に相談をすれば良いのかと悩みますし迷ってしまいます。
また、国家資格保有者の専門家で専門的な分野で活躍していることから、何人も関わるとその費用が気になります。
しかも資格を持っていない業者が専門家を紹介すると、さらに費用が膨れ上がることも考えられます。
どの専門家へ依頼するのが良いのかを、それぞれの業務内容から判断してみるのもひとつの方法です。

相続税の相談ですから税理士が適していると考える方は多いと思いますし、実際に相続税の申告などは税理士しかできないことです。
ただ相続が発生した中でも相続税の申告が必要になるのは約4%程度の人しかいないと言われていて、相続税を支払う必要も申告も必要ないのです。
財産を相続したからと言って必ず相続税がかかるというものではないことを理解しておくと良いです。
ちなみに、相続税には基礎控除というのがあって、最低3600万円以上の相続財産がないと、相続税の課税対象にはならないのです。
ただし高額な場合は相続税の税務調査が入るときがあります。
これに対応するためにも専門家に相談しておくと心配がないでしょう。

税金の相談ではなく相続に関連する相談ができる専門家としては、相続人同士で問題が起こった時には弁護士を検討することになります。
また、相続財産として不動産がある場合には、司法書士に依頼するなどが考えられます。
いずれにしても相続税を含め相続に関する相談を専門家にする場合には、目的と必要性を考慮して検討することが大事です。