様々な相続税の節税対策があるので検討を - それは相続税かかる?かからない?

HOME » 相続の基本 » 様々な相続税の節税対策があるので検討を

様々な相続税の節税対策があるので検討を

被相続人から相続財産を受け取った場合には、相続人は法律で定められた相続税を支払う義務が生じます。
もし支払わなければ脱税となって厳しい処分を受けることもありますが、高額な相続税ですから可能な限り削減して支払う節税対策を考えなければならないです。
つまり、脱税は違法ですがルールに基づいた方法で節税することは何ら問題がないことなので、有効となる対処法を検討する必要があります。

相続税の節税方法のひとつは、被相続人が所有していた自宅の土地や事業で使用していた土地を利用して相続税を節税する方法で、それが小規模宅地の特例というものです。
本来なら土地を相続した場合には税金が課税されますが、240?までの小規模宅地については、土地の評価額に対して80%の減税が認められているのです。
その為、大幅な割合で相続税を節税する効果が期待できるのです。

生前贈与による相続税の節税対策というのもあって、1年間に110万円までの贈与なら非課税になるのです。
つまり、その範囲を超えないように毎年贈与することで贈与税を0円にして、しかも相続財産を減らすことで相続税の節税にもつながるのです。

生命保険を利用する節税対策というのもあるのです。
生命保険の死亡保険金はみなし相続財産となって、本来は相続税の課税対象になります。
しかし、生命保険の死亡保険金は500万円×法定相続人の数という算式で計算された金額まで非課税となるのです。
死亡保険金を利用することで相続税の対象となる財産を減少させることが可能になりますし、課税される相続税を節税できる仕組みになるのです。

その他には、5,000万円+1,000万円×相続する人数という算式で計算された金額が、相続税の基礎控除になるといった制度が設けられています。
その為、相続人を増やすことで基礎控除額が増えて、相続財産を減らすことができるのです。
つまり、相続財産が減るということは、相続税の節税につながるのです。
このように様々な方法があるので、自分に適した方法で節税を検討してみると良いです。