相続税の節税対策としてできることは? - それは相続税かかる?かからない?

HOME » 相続の基本 » 相続税の節税対策としてできることは?

相続税の節税対策としてできることは?

相続税については計算方法などが定められているので、相続が発生してから対策をすることは基本的にできないので、相続税対策は事前に考えておくことが重要です。
また相続税は原則として現金払いとなっているので、納税に必要な現金や預金を準備しておく必要もあります。
納税のために不動産などを現金に換えるのは容易ではないので、相続税の節税対策はもちろん納税の対策も考えておくことです。

相続税の節税対策と納税対策の両方に活用することができるのが、生命保険の死亡保険金を使うことです。
被相続人が死亡した場合の死亡保険金は、相続人に支払われるため相続財産となりますが、死亡保険金には500万円×法定相続人の数の算式で計算された金額まで非課税になるのです。
その為に相続税の減額につながりますし、保険金を被相続人が支払うことで相続財産を減らすことで、相続税の減額にもなるのです。
また、手続きすることですぐに保険金が支払われるため、納税に必要となる現金として使用することができるのです。
このように相続税において生命保険の死亡保険金はとても役立つ存在になるのです。

それ以外に相続税対策として活用できるのは贈与で、110万円の基礎控除が贈与税にあることを上手に利用すると相続税対策になります。
ただ、その際に注意したいことは分割した定期贈与とみなされてしまう可能性があるという点です。
それを回避するためには、毎年贈与契約書を作るなど定期贈与と認定されない工夫をする必要もあります。

それから現在居住している自宅などを配偶者や子供に引き継ぐ時に税金負担を軽くする小規模宅地等の評価減の特例も利用することができます。
また相続財産となる更地状態の土地がある場合には、そこに建物を建てると相続税評価額が下がりますし、アパートやマンションを建設して人に貸すとさらに有効になります。
このように様々な対策はあるのですが、被相続人が亡くなってからできることは限られるので、早い段階から対策することが大事です。