生前贈与の制度を上手に活用して相続税の減額を - それは相続税かかる?かからない?

HOME » 相続の基本 » 生前贈与の制度を上手に活用して相続税の減額を

生前贈与の制度を上手に活用して相続税の減額を

生きているうちに所有している財産を譲ることを生前贈与といって、その目的はあらかじめ相続財産を渡すことで減らし、それにより相続税を減額するためです。
ただ、そうすることで相続税は減りますが、その一方で贈与税がかかるので注意が必要です。
しかし上手に利用すれば大きく相続税を節税することが見込めるので、生前贈与について様々なことを知っておくと参考として役立ちます。

生前贈与は一般贈与と相続時精算課税制度の2種類に大きく分けることができます。
一般贈与とは毎年毎年贈与していく生前贈与の方法で、贈与税の計算の仕方が1年を区切りとして考えられます。
また、この制度には贈与を受ける人1人当たり年間で110万円の基礎控除が設定されているのです。
例えば毎年110万円ずつ10年間贈与した場合、生前に1100万円の財産を渡すことができます。
しかも一度に1100万円を贈与すると多額の贈与税がかかりますが、この方法なら贈与税は0円となりますし、相続財産を減らすことになって相続税も減額することができるのです。
ちなみに、贈与を受ける対象者に関しては制限がないので、子供や孫だけでなくそれ以外の人にも財産を渡すことが可能です。

もうひとつの相続時精算課税制度は、先の一般贈与と比較していっそう相続財産の前渡しという意味合いが濃い制度です。
しかも2500万円の特例控除があるので、2500万円までの贈与に関しては贈与税が一切かかりませんが、これを超える部分に関しては一律20%の贈与税がかかります。
相続時精算課税制度を利用するためには、60歳以上の者からその人の20歳以上の子や孫への贈与すると言った要件が定められています。
また、一般贈与でなく相続時精算課税制度を利用する場合は、贈与税の申告書と相続時精算課税選択届出書を税務署に提出して、利用する旨の手続きを行う必要があります。
いずれの方法も相続税を減額することにつながるので、適した方法を上手に活用すると良いです。