それは相続税かかる?かからない? - それは相続税かかる?かからない?

HOME » 相続の基本 » それは相続税かかる?かからない?

それは相続税かかる?かからない?

会社設立01

遺産相続をするときに必ず意識しおかなければいけないのが相続税がかかるかどうかで、これはすべての相続人が対象になるわけではありませんが一定の条件を満たしているとかかってくるものなので、どういう状況になった場合に相続税がかかるのかきちんと把握しておかなければなりません。
相続税の申告期限は被相続人が亡くなってから10カ月以内と定められており、それまでのところで相続税がかかるかどうか計算し、税務署へ申告する必要がありますから、できるだけ早めに手続きをしておくことをおすすめします。

最近ではフリーの相続税計算ソフトもありますし、エクセルを使ってまとめられるのでどんな財産を相続してどれくらいの相続税がかかるのか分かりやすくできますので、そういった便利なツールを使いながらやっていくといいでしょう。
それでは相続税がかかる場合というのはどういうケースか説明していきたいと思いますので、これから遺産相続をする可能性があるという人は参考にしてください。

はじめに相続税には控除があって、基礎控除と配偶者控除の2種類が用意されており、どちらか適用させることができます。
基礎控除あるいは配偶者控除の範囲内であれば相続税はかかりませんので、納める必要はありませんが、その計算方法はきちんと理解しておかなければなりません。

まず基礎控除の計算方法ですが、これは3,000万円+(600万円×相続人の数)で計算することができます。
たとえば相続人が3人いる場合は3,000万円+(600万円×3)の計算式で求めることができますので、基礎控除額は4,800万円になりますから、相続財産の総額がこの金額を上回らなければ相続税はかかりません。

また、配偶者控除は基礎控除の範囲内か1億6,000万円をこえない範囲であれば相続税がかからないこととなっているので、基礎控除よりも優遇されています。
配偶者控除はその名の通り配偶者のみに適用される控除で、この控除を適用させる場合はたとえ控除の範囲内であっても税務署へ申告する必要がありますので覚えておきましょう。

相続税がかかるかどうかは基礎控除や配偶者控除によって決まると言ってもいいので、相続人の数がどれくらいになるのかが最初のポイントになり、その後計算して出た基礎控除額によって対象になるかを確かめてください。
心配であれば相続に詳しい税理士に依頼して手続きや書類作成をしてもらうといいでしょう。