相続の基本の記事一覧 - それは相続税かかる?かからない?

HOME » 相続の基本

相続の基本

それは相続税かかる?かからない?

会社設立01

遺産相続をするときに必ず意識しおかなければいけないのが相続税がかかるかどうかで、これはすべての相続人が対象になるわけではありませんが一定の条件を満たしているとかかってくるものなので、どういう状況になった場合に相続税がかかるのかきちんと把握しておかなければなりません。
相続税の申告期限は被相続人が亡くなってから10カ月以内と定められており、それまでのところで相続税がかかるかどうか計算し、税務署へ申告する必要がありますから、できるだけ早めに手続きをしておくことをおすすめします。

最近ではフリーの相続税計算ソフトもありますし、エクセルを使ってまとめられるのでどんな財産を相続してどれくらいの相続税がかかるのか分かりやすくできますので、そういった便利なツールを使いながらやっていくといいでしょう。
それでは相続税がかかる場合というのはどういうケースか説明していきたいと思いますので、これから遺産相続をする可能性があるという人は参考にしてください。

はじめに相続税には控除があって、基礎控除と配偶者控除の2種類が用意されており、どちらか適用させることができます。
基礎控除あるいは配偶者控除の範囲内であれば相続税はかかりませんので、納める必要はありませんが、その計算方法はきちんと理解しておかなければなりません。

まず基礎控除の計算方法ですが、これは3,000万円+(600万円×相続人の数)で計算することができます。
たとえば相続人が3人いる場合は3,000万円+(600万円×3)の計算式で求めることができますので、基礎控除額は4,800万円になりますから、相続財産の総額がこの金額を上回らなければ相続税はかかりません。

また、配偶者控除は基礎控除の範囲内か1億6,000万円をこえない範囲であれば相続税がかからないこととなっているので、基礎控除よりも優遇されています。
配偶者控除はその名の通り配偶者のみに適用される控除で、この控除を適用させる場合はたとえ控除の範囲内であっても税務署へ申告する必要がありますので覚えておきましょう。

相続税がかかるかどうかは基礎控除や配偶者控除によって決まると言ってもいいので、相続人の数がどれくらいになるのかが最初のポイントになり、その後計算して出た基礎控除額によって対象になるかを確かめてください。
心配であれば相続に詳しい税理士に依頼して手続きや書類作成をしてもらうといいでしょう。

相続税の按分割合と端数の計算

相続

相続税を計算する時、考えなくてはならないのが按分割合です。
これは簡単に言うと、相続税の負担の不公平を是正するために使われる割合だと考えておきましょう。
按分割合と聞くと難しいように思いますが、例えば被相続人が遺した財産や資産が1,000万円分あったとすると、配偶者と子供で分配するさいに計算する時、活用するものとなります。
この場合は1,000万円があるため、法定相続人で分配することが必要です。
しかし、その際に不公平にならないよう、按分割合というのが計算されるわけです。
特に難しいことはありませんが、その場合には端数が出ることもあります。
実際に遺産に関しては、端数になることも多々あるので、その場合は小数点10桁まで計算していくことが可能です。
ただ、この場合はわかりにくいので、比較的簡単に計算して求めるということが多いと言えるでしょう。

また、家族や遺族で計算する場合は、そこまで細かく計算しなくても良いと思っている方が多いでしょう。
そうなると、実際には端数の計算はある程度の範疇でおこなうことが一般的となります。
ただ、この按分割合に関しては不公平感が出てしまうと後々トラブルや問題に発展することもあります。
それを避けることが必要となってくるので、その点はしっかりと考えて対処していくことが必要となるでしょう。
ちなみに、不公平感に関してはそれぞれの考え方によっても変わってきます。
また、遺産も土地や建物などの不動産の場合がありますし、貯金や預金などの現金の場合もあります。
それぞれの状況によって違ってくるので、しっかりと対処していくことが必要となるでしょう。
まずは、その点の計算についてもある程度理解を深めておくことが重要です。

ただ、いきなり按分割合による遺産の計算をするとは言っても、わからないという方が多いのではないでしょうか。
その場合は、専門家に相談した方が良いかもしれません。
色々な専門家がいますが、相続税などの相談の場合は税理士に相談した方が良いです。
ただ、税理士の場合もピンキリなので、評価や評判が良い人を活用するようにしてください。
税理士にもそれぞれやり方というものがあるので、そこら辺も理解して依頼することが必要となります。
逆に言えば、しっかりと計算したいならちゃんとした税理士などに相談して対処してもらうことが必要となるということです。
それらの点もしっかりと考えて、まずは相続税の計算をしてみてください。

相続税の申告


相続税がかかるか、それともかからないかは自分で計算をしてみないとわかりません。
普段からよく経験する税金ではありませんから、申告の流れを知らない人も多いかと思います。
この税金の申告の流れは、自分で遺産を集計して税金を計算し、必要なら申告を行うというものです。

気をつけたいのは、税務署から申告の指示などは特にないことです。
相続税について絶対に対応が必要か、税務署が必ずしも全ケースについて事前に把握しているわけではありません。
もちろん最終的には税務署がチェックを行いますので、申告が必要な人がやっていないとあとでわかり、税務署から連絡は来るのですが、相続の直後にこれが来るとは限らないのです。
≫ 『相続税の申告』

相続税対策

たくさんの財産を持っている人にとって、自身が亡くなり被相続人となったときに残された家族へ遺産相続させることになりますが、その際に相続税の負担がかかってしまう可能性があります。
ですから、被相続人となる人の中にはできるだけ相続税の負担をかけさせたくないと思い、生前からできる相続税対策をしている人も少なくありません。

相続税対策にはいくつかの方法がありますので、ここではよく利用される相続税対策を紹介していきたいと思います。
まずもっとも簡単な相続税対策と言えるのが生前贈与を利用したやり方で、生前贈与とは文字通り被相続人が生きているうちに相続人となる人へ財産を譲る行為を指しています。
≫ 『相続税対策』

相続税の控除

遺産相続の話題になると必ずと言っていいほど耳にするのが「相続税」というワードですが、相続税とはそもそもどんな種類の税金なのでしょうか?
まず文字通り相続が関係している税金であり、被相続人の遺産を相続したときにかかるという認識で間違いありません。

しかし相続税は遺産相続した人すべてにかかってくるわけではなく、一定の条件を満たした人のみが対象になりますので遺産相続をしても相続税がかかる人とそうでない人がいます。
なぜこのようなことが起こるかと言うと、相続税には控除があって、これが適用されるため遺産相続をしても相続税がかからないケースが出てくるのです。
≫ 『相続税の控除』

相続税とは

遺産相続をすると相続税の対象になる相続人が出てくる可能性がありますが、そもそも相続税とはどんな税金でどんなシステムになっているのでしょうか?
ここでは相続税とは何か説明していきますので、これから遺産相続をする可能性がある人は参考にしてください。

はじめに相続税とは文字通り遺産相続したときの財産にかかる税金のことですが、遺産相続の対象となる財産を相続した人すべてが対象になるわけではありません。
相続税の対象になる部分は相続したプラスの財産からマイナスの財産を引き、その金額からさらに基礎控除額あるいは配偶者控除額を引いた金額が対象になります。

≫ 『相続税とは』

相続税がかかる財産とかからない財産

遺産相続するときに相続税について考えなければなりませんが、相続税は遺産相続すると必ずかかるものではありません。
相続税がかかるかどうかはまず相続税の対象となる遺産を相続しているかをチェックする必要があります。

遺産と聞くと利益になる財産ばかりをイメージしがちですが、遺産はプラスの財産だけでなくマイナスの財産もあります。
相続ずる財産の総額がいくらになるかはプラスの財産からマイナスの財産を引いた数字で、そこから基礎控除額あるいは配偶者控除額を引いた金額が相続税の対象になります。

≫ 『相続税がかかる財産とかからない財産』

相続税はいくら払う?

遺産相続をするなら必ず覚えておかなければならないのが相続税についてで、相続税はその名の通り財産を相続するときに発生する税金です。
しかしすべての相続人が相続税を納めるわけではなく、対象となる場合とそうでない場合があります。

それでは自分が相続税をいくら払うことになるのか知るためにはどのようにすればいいのでしょうか?_
まずはじめに相続税の対象となるかどうかを確認しなければなりませんが、相続税には基礎控除額と配偶者控除額というものがあります。

≫ 『相続税はいくら払う?』

相続税がかかるもの


遺産相続のときの疑問はいくつかあると思いますが、中でも相続税に関する疑問を持っている人は非常に多いのではないでしょうか?
特によく耳にするのは「どれが相続税がかかるもので、どれがかからないものか分からない…。」という疑問です。
そこで今回は相続税がかかる財産とそうでない財産について紹介していきますから、今後遺産相続をする可能性がある方や、これから遺産相続を控えている方は参考にしてください。

≫ 『相続税がかかるもの』